丹波篠山の黒豆はなぜ高価なの?理由や品種を解説

お問い合わせはこちら

丹波篠山の黒豆はなぜ高価なの?理由や品種を解説

丹波篠山の黒豆が最高峰と呼ばれる理由とは?

通販で地域の特産品やご当地スイーツをお探しではないでしょうか?わざわざお店に足を運ばなくても、通販なら各地域の美味しい特産品やスイーツを買い求めることができ、旅行気分を味わうことができます。そしてせっかく買うなら、高級な品を一度は食べてみたいものです。

高級豆として有名な丹波篠山の黒豆は、全国的にも抜群の人気を誇るブランド豆。その販売価格は、実に一般的な黒豆の約3倍!丹波篠山の黒豆はなぜこれほど高価なのでしょうか?ここでは、丹波篠山の黒豆の魅力を徹底解説いたします。大切な方への贈り物をお探しの方も必見です。

丹波篠山の黒豆について解説

黒豆の定番料理といえば、おせちに入っている煮豆。黒豆を購入するのはお正月の時期やお祝いの席くらいで、普段の食卓に頻繫に並ぶという方は少ないかもしれません。

ここでは、黒豆がどんな食材なのか、また煮豆以外の料理をご紹介します。黒豆に関する知識を深め、普段の食事に丹波篠山の黒豆を積極的に取り入れていきましょう。

黒豆と大豆の違いとは

青い空と大豆畑

黒豆は、大豆の一種です。大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど栄養価に優れており、健康維持や生活習慣病の予防、美容に効果があるとされる食材として知られています。大豆に含まれる主な栄養成分は、以下のとおりです。

タンパク質

筋肉や骨など体を作る栄養成分。美しい髪を作るなど健康や美容を維持するのに欠かせません。

イソフラボン

美容効果が高く、コラーゲンやヒアルロン酸を体内で作る働きがあります。

ビタミンE

細胞の酸化を抑え、動脈硬化の予防にもなります。

アントシアニン

ビタミンEと同様に細胞の酸化を抑え、動脈硬化の予防にも役立ちます。視力、視覚機能を改善する効果も期待でき、目のサプリメントにも使用されている成分です。

レンチン

善玉コレステロールを増やす働きがあり、動脈硬化の予防になります。

大豆サポニン

腸の中で水分を含んで膨張し、腹持ちをよくして食欲を抑えます。

不溶性食物繊維

便秘や肌荒れの改善が期待できます。

黒豆にも、大豆と同じ栄養成分が多く含まれていますが、特筆すべき大きな違いは、黒豆特有の黒い表皮です。黒豆の皮には、「アントシアニン」という栄養成分が豊富に含まれています。アントシアニンは抗酸化作用があり、健康維持に役立ちます。高齢者や肌の調子が気になる方はもちろんのこと、スマホやパソコンで目の負担が大きい現代人には嬉しい効果といえるでしょう。

また、黒豆は大豆と比べて味が非常に濃厚で、強い旨味があるのがポイントです。深煎りすると豊かな香ばしい風味を楽しむことができ、お茶にするとその香りを余すことなく味わうことができます。大豆と比べると流通量が少ないため、お店での販売価格はお高めですが、黒豆は子供から大人まで幅広くおすすめできる、優れた特徴を持つ食材なのです。

煮豆以外も豊富なレパートリー!黒豆を使った料理をご紹介

大豆畑とプリン

こんなに健康維持に効果的な成分を豊富に含んでいるなら頻繫に食べたいが、黒豆の料理といえば煮豆だけ…?とんでもない!黒豆はいろいろな料理で美味しく食べることができます。乾燥黒豆なら、一晩水に浸して戻せば下準備完了です。時間がないときはフライパンで15分ほど軽く弱火で煎れば、食事やおやつなど様々な料理のアクセントとして使うことができます。

ホクホク黒豆ご飯

煎った黒豆と洗ったお米を一緒に炊くだけで完成です。香ばしい黒豆の風味が食欲をかき立てます。さつまいもを一緒に入れて炊くのも美味。

香ばしさにほっと一息の黒豆茶

煎った黒豆は、香ばしさと旨味が抜群です。お湯で煮出せば、風味豊かな美味しい黒豆茶になります。凝縮された黒豆の風味をぜひ味わってみてください。

黒豆を加えて和風スイーツに!

黒豆は、意外にもどんなお菓子にも合います。和菓子はもちろん、プリンやゼリー、シフォンケーキ、マドレーヌなど、和洋問わない使い勝手のよい食材です。きな粉も一緒に加えれば、黒豆との相性もバッチリです!また、意外な組み合わせかもしれませんが、クリームチーズも黒豆と合います。お菓子作りの幅が広がり、楽しめそうですね!

黒枝豆

黒枝豆は、完熟前の若鞘の時期に枝豆として収穫したものです。手に入ったら、シンプルに塩茹でして召し上がるのがおすすめです。通常の枝豆よりも濃厚な甘味があり、ほくほくとした口当たりを堪能できます。一般的な枝豆の旬の時期は6月~9月ですが、丹波篠山産黒枝豆の旬の時期は9月下旬~10月末です。

しかも販売解禁日が設けられており、その味を楽しめるのは3週間程度!食べられる時期が限られているなんて、まさにプレミアといえる枝豆ではないでしょうか。大人気ですので、確実に手に入れるなら通販の利用がおすすめです。

黒豆を使った料理を一部ご紹介しましたが、やはり外せないのは黒豆スイーツ!黒豆の深い甘味がお菓子に上品な風味を添えて、相性抜群です。和み工房では、最高級ブランドとされる丹波篠山の黒大豆を使った黒豆プリンを販売しています。上品な味わいが人気です。通販で美味しい黒豆スイーツをお探しの方は、ぜひご堪能ください。

丹波篠山の黒豆はなぜ高価なの?

黒豆の魅力がわかったところで、中でも丹波篠山の黒豆(丹波黒)がなぜ群を抜いて高価なのかをご説明します。一口に黒豆といっても、その種類は多種多様です。同じ品種だとしても育つ土壌や環境が違えば、品質も異なります。丹波篠山の黒豆が、ほかの品種より高評価なのはどんなところか見ていきましょう。

黒豆の品種

大豆畑と曇り空

黒豆の品種にはどのようなものがあるのでしょうか。実は黒豆はいろいろな地域で作られています。代表的な品種の産地と特徴は以下のとおりです。

丹波黒(たんばぐろ)

[産地]

兵庫県、岡山県、京都府、滋賀県など

[特徴]

発祥地は兵庫県丹波地方で、国内最大級の極大粒の丹波黒大豆です。ツヤがあって見栄えがよく、粘りのある軟らかい食感で、独特の甘味があります。天候の影響を受けやすい繊細な品種で、栽培難易度は高いです。そのため、ほぼ手作業で非常に手間をかけて育てられます。栽培期間が約100日と長いうえに、収穫量は一般的な黒豆の約半分です。スーパーなど普通のお店ではなかなかお目にかかれない高級かつ貴重な黒豆です。

光黒(ひかりぐろ)

[産地]

北海道

[特徴]

名前のとおり、表面に光沢がある大粒の品種です。糖質が多く強い甘味があり、煮豆や豆腐、菓子材料として使用されます。

雁喰(がんくい)

[産地]

東北地方

[特徴]

扁平で表面に窪みのある形が特徴です。飛来した雁が落とした1粒の種から芽吹いたという伝承があり、表面の窪みは雁がクチバシで咥えた跡とされ、この名称の由来となりました。甘味が強く味に深みがあるため、お祝いの席での煮豆などに多く使用されています。

玉大黒(たまだいこく)

[産地]

長野県、北関東、北陸地方

[特徴]

極大粒の品種で、「丹波黒」に「東山140号」を交配して育成された品種です。球状の形をしており、ツヤがあります。生育が早く栽培しやすいのが特徴です。上品な甘さがあり、煮豆に向いています。

このように、黒豆は味や大きさはもちろん、育て方から育てやすさ・生育スピード・収穫量まで、品種によってずいぶんと違うことがわかります。

丹波篠山産の黒豆が高価な理由

丹波篠山黒豆

多種多様な黒豆の中でも、群を抜いて高価な丹波黒。丹波黒大豆の価格差を決定づけるのはどのようなポイントなのでしょうか。

大きさ、品質

縁起物の定番である黒豆。黒豆は粒が大きいほど価格が高くなります。お正月料理に欠かせない黒豆は、大きいほど「縁起がよい」として重宝されます。黒豆は粒が大きいほど価格が高くなるため、国内最大級の丹波黒大豆は高価となるわけです。品質に関しても、丹波黒大豆は煮炊きしたときのツヤも美しく濃厚な味わいで、ほかの追随を許しません。

栽培時の手間

栽培や収穫時にどれほどの手間がかかるかということも、販売価格に影響します。丹波黒大豆は非常にデリケートな品種。天候の影響を大きく受けるため栽培が難しいうえに、機械を使うと傷がついたり割れやすくなったりします。そのため、植えつけから収穫までほとんど手作業で行う必要があります。

希少性、栽培期間

同じ作付面積でも収穫量が少なければ、生産コストも上がるためお店での販売価格は高くなります。一般的な黒豆と比較すると、丹波黒大豆の収穫量はなんと半分ほどです。非常に貴重な品種ですので、普通のお店ではなかなか出会うことができません。また、栽培期間が長くかかる品種でもあり、開花から登熟するまでの期間は、一般的な黒豆の約70日に対し、丹波黒大豆は約100日もかかります。

大きさ・収穫の手間・希少性のどれをとっても、丹波黒大豆には高い価格を裏づけるだけの価値があります。日本随一といえる丹波黒大豆の中でも、本場である丹波篠山産の黒豆は、とりわけ品質が高いことで有名です。丹波篠山は寒暖差が激しく、土壌も豊かであることから黒豆作りに最適な地域です。表面に白い粉が吹いているのが特徴で、良質な証しとされています。

また、丹波篠山の黒豆は販売解禁日が決められており、その収穫時期は10月初旬~10月末ごろと非常に短くなっていることもポイントです。品質を保つためのこだわりが、丹波篠山の黒豆の美味しさを保証しているのです。

黒豆の最高峰!通販で美味しいご当地スイーツをお探しなら丹波篠山黒豆プリン

丹波篠山の黒豆には、高い価格をつけるに値する確かな価値があることがおわかりいただけたでしょうか。ぜひ一度は本場の味をご堪能いただきたいものです。

和み工房では、丹波篠山の自社農園で栽培した高品質な黒大豆を使い、こだわりのスイーツや加工品を通販で全国にお届けしています。地域の特産品や美味しいご当地スイーツをお探しなら、和み工房の黒豆プリンがぴったりです。美味しいご当地スイーツを販売するお店をお探しの方は、和み工房の通販サイトよりぜひお買い求めください。

和み工房

丹波篠山の黒豆を通販でお探しの方は和み工房

店舗名
和み工房
所在地
〒669-2724兵庫県丹波篠山市川北503
電話番号
FAX番号
079-593-0235
URL
https://kuromame-purin.jp/
営業時間
11:00 〜 17:00
定休日
日・月

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。