黒豆プリンをお取り寄せ!なめらかなクリームとほくほくとした煮豆の絶妙なハーモニーが魅力のプリン 黒豆が丹波篠山の代名詞と言われる理由

お問い合わせはこちら

黒豆プリンをお取り寄せ!なめらかなクリームとほくほくとした煮豆の絶妙なハーモニーが魅力のプリン 黒豆が丹波篠山の代名詞と言われる理由

黒豆は多くの人が知っている食材でしょう。しかし、その産地に関してはあまり知られていません。黒豆は丹波篠山の代名詞であり、丹波篠山が世界に誇る食材です。どういった経緯で、丹波篠山の代表的食材が黒豆になったのでしょうか。こちらでは、黒豆が丹波篠山の代名詞になった経緯について紹介します。また、黒豆の旬が非常に短いという点についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。和み工房では、黒豆プリンを販売しています。丹波篠山の黒豆をふんだんに使い、その美味しさを最大限に発揮したスイーツです。プレゼントにもおすすめですので、ぜひお買い求めください。

黒豆は丹波篠山の代名詞

黒豆は丹波篠山の代名詞

黒豆は、丹波篠山の代名詞とも言える存在です。丹波篠山の黒豆は枝豆の中でも次元の違う美味しさとなっており、丹波篠山原産の野菜の中でも熱烈なファンが多い存在となっています。芳醇でコクのある味わいが特徴的であり、普通の枝豆では味わえません。

元々は篠山の農家が特産の黒大豆を少しだけ枝豆として食べていたのが始まりであり、1980年の半ばから一部出荷されます。次第に人気は爆発し、丹波篠山で行われるイベントの目玉商品になりました。この時点では、丹波篠山の近隣住民しか知らなかったのですが、人気漫画「美味しんぼ」で取り上げられたことで、丹波篠山の黒豆は全国で知られるようになります。このような背景があり、黒豆は丹波篠山の代名詞的存在となったのです。

和み工房では、丹波篠山の黒大豆の中でも最高品質と言われる川北産の黒大豆をたっぷり贅沢に使用した黒豆プリンを販売しています。なめらかなクリームとほくほくとした煮豆の絶妙なハーモニーが魅力で、上品で控えめな甘さのため甘いものが苦手な方にもおすすめです。丹波篠山の豊かな自然の恵みを受けた素材を贅沢に使用したスイーツをぜひお取り寄せください。

丹波篠山の黒豆は1年に1回しか味わえない!

丹波篠山の黒豆は1年に1回しか味わえない!

丹波篠山の黒豆は、篠山独特の気候風土が育んだ特産品です。昔から冬に乾燥したものを煮豆として食してきましたが、今では秋に枝豆として食べる方法が人気になっています。

丹波篠山の黒豆は、豆がサヤの中で成熟しきって、黒色になる前の青いサヤの状態のものです。一般的な枝豆と比べて、ほのかな甘味とコクを感じられるのですが、その旬は非常に短いです。10月の初旬から中旬までの2週間ほどが旬の期間であり、この期間を逃すともう1年待たなくてはいけません。そのため、黒豆は非常に貴重な食材なのです。丹波篠山の黒豆に興味がある方は、味わうことのできるタイミングを逃さないようにしましょう。

和み工房では、自社農園で丁寧に栽培した黒豆を使用したプリンを販売しています。上品な甘さで食べやすいサイズとなっており、コーヒーはもちろん、和のテイストなので、抹茶やほうじ茶などとも相性抜群です。ご自宅用にはもちろん、ギフトにもおすすめですので、お気軽にお取り寄せください。

和み工房で丹波篠山の黒豆を贅沢に使ったプリンをお取り寄せ なめらかなクリームとほくほくとした煮豆の絶妙なハーモニーが魅力

丹波篠山は黒豆の季節が近づくと、町が総出となってPR活動を行います。それくらい、丹波篠山にとって黒豆は大切な存在なのです。大切に育てられた黒豆は、他の枝豆とは一線を画した深い味わいとなっています。ぜひ、楽しんでみてください。

和み工房では、川北地区にある自社農園で手塩にかけて育てた黒豆を使用したプリンを販売しています。なめらかなクリームとほくほくとした煮豆の絶妙なハーモニーが魅力です。可愛いパッケージでお届けいたしますので、丹波篠山ならではのスイーツをお探しの方はぜひ和み工房の黒豆プリンをお取り寄せください。

黒豆のプリンを通販で堪能しよう

和み工房

黒豆プリンをお取り寄せするなら和み工房

店舗名
和み工房
所在地
〒669-2724兵庫県丹波篠山市川北503
電話番号
FAX番号
079-593-0235
URL
https://kuromame-purin.jp/
営業時間
11:00 〜 17:00
定休日
日・月

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。